英文クレーム強化サービス

英文クレーム強化サービス

審査に通りやすい出願は、発明者や出願人にとって重要な課題です。出願前の早い段階でクレームの文言を明確化できれば、出願後の補正にかかる手間や時間を大幅に削減できます。出願後の補正は、特に米国では権利化後に禁反言等の問題を生じさせて権利を弱くしてしまいます。
したがいまして、審査に通りやすい出願は、トータルコストを低減させるとともに、強い権利の獲得にもつながります。
そうした観点から、弊社ではクレーム中の表現の変更・提案サービスを実施しています。
当サービスでは、論理性、英語表現、権利行使、審査過程、限定要求など、審査官が検討すると思われる項目について、表現や訳語を提案させていただきます。望ましくない限定や解釈の回避に役立ちます。

検討項目の例

  • 独立項と従属項の論理性
  • 否定的表現から肯定的表現への変換
  • 意図しない意味が強調されることに起因するニュアンスの処理
  • 発明の構成に不必要な構成部品や表現の有無の確認
  • 代名詞の利用に起因する問題の解消

ご依頼時にご用意いただくもの(MS-WORDファイルでいただけると便利です)

  • 日本語特許明細書
  • 上記日本語特許明細書に対応した英語特許明細書

料金と納期について

個別にご相談を承ります。

サンプルはこちら